バナー

iPhoneXでの電池節約方法

iPhoneXは最新機種が出るとともに電池の大容量化と省エネ化が進んでいますが、普段利用しない機能を制限することでより電池のもちを長くすることができます。

まずはよく言われていることですが、液晶の明るさを暗くすることです。


これが一番効果的です。LEDのバックライトの明るさを最大にした場合には電池の消費の多くを占めることになります。

次に使わない通信の機能を停止する方法です。
WIFI、Bluetoothなどの通信系を停止すると、接続先を定期的に検索する機能を停止して電池の減りを抑えることができます。

また、一度接続したところは自分の意思に反して勝手に繋がることがあります。

その点停止することでより安心した通信が可能です。
最後に通知機能やアプリのプッシュによるリアルタイム通知を停止することで余計な通信を停止することができます。

メールなど確実に通知を受け取りたい場合には、通知を個別にリアルタイム通知にしてもよいです。


しかしあまり緊急を要しない着信が多い場合には、通知方法をマニュアルにするか確認時間を長めに設定するとより電池の消費には効果的です。また、iPhoneX製造元に使用データを送らない設定にしても問題なく使えますから、余計な機能や通信を減らして、iPhoneXを利用することで初期設定に比べて数パーセント程度利用時間が増えます。


OSバージョン9.0から省エネモードが搭載されます。

個別に省エネ設定しなくても良くなるなどより便利になるかもしれませんが、設定方法を知っているだけで、今後発売されるモデルでも活用できるはずです。

ここ数年毎年初夏には新しいOSが発表され秋ぐらいには新しいiPhoneXが発売される可能性が高いです。
今後の発展に期待したいものです。


iPhoneXを使えば使うほど、バッテリーの持ちに悩まされているはずです。

iPhoneXは多彩な機能を搭載しているために多くのアプリを同時に実行していることが多く、バッテリーの消費も激しくなりがちです。

バッテリーは使用と充電を繰り返すたびに劣化していき、使用可能な容量が減っていってしまうのです。

あなたに合った条件でiphoneXの情報探しはこのサイトから初めてください。

iPhoneXのバッテリー消費量を減らし、長く使うためにはいくつかの設定を変更することが有効です。

まずは、画面の明るさを調節しましょう。

画面の明るさはバッテリーの消費量に直結し、明るければ明るいほど消費します。

思い切って明るさを50%にしてみましょう。

最初は暗く感じるかもしれませんが、慣れてくると全く気にならなくなります。

どうしても暗いようだったら、50%の状態から徐々に明るさを上げていって、見やすいように調節すると良いでしょう。


自動調整をオフにするのもおすすめです。GPSを利用した位置情報システムもバッテリーを消費します。



位置情報を利用するアプリはありますが、「位置情報に基づくiAd」や「位置情報に基づく通知」はオフにしていても支障が出ることは少ないです。
外部機器や通信サービスと頻繁にやりとりを行うことになるBluetoothとWi-Fiも、利用するときだけオンにするよう心がけましょう。

これらはオンにしていると常にBluetooth機器やWi-Fi電波を探し続けてしまうため、バッテリーの消費も非常に大きくなってしまうのです。iPhoneXのバッテリーを長持ちさせるために、設定に気を配るようにしましょう。iPhoneXはバッテリーを使用して動いているので、バッテリーが無くなってしまうと動かなくなってしまいます。バッテリーを消費するような行動はアプリを起動したり、動画を閲覧したり、音楽を聴いたりとほとんどの行動で消費することになるので、なるべく無駄なものを省いたりすることでバッテリーの消費を抑えることにより、起動時間を長持ちさせるのがいいでしょう。

具体的にどういうことをすればいいのかというと、たとえば不必要なアプリを終了させるということが挙げられます。



iPhoneXでは常駐しているアプリが存在しており、どのアプリがどれくらいのバッテリーを消費しているのかというのを知る方法があるのです。

それは方法を選んで設定、一般、使用状況、と進みバッテリーの使用状況を選択すると、各アプリのバッテリ消費率を確認することができるので、不必要なアプリを終了させるといいでしょう。

またiPhoneXの画面の明るさにも注目して、画面の明るさ調整で明るさが最大になっている場合、それだけでバッテリーを消費することになります。

なので、画面表示と明るさから見える程度に液晶画面の明るさを下げておくといいです。

他にiPhoneXの画面で壁紙がダイナミックになっているという方は、通常の静止画に変えておくといいでしょう。

ダイナミックは動画のように画像が変化するという機能なのですが、このエフェクトでバッテリーを消費してしまいますので、静止画にしておくと無駄なバッテリー消費が長持ちします。
iPhoneXを使用している人の中には使用中に電池の減りが早くなってしまった、1日使い続けると電池が切れてしまう、そんな経験をしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

実はiPhoneXはその使用方法、設定によっては電池の減りが極端に早くなることがあるので、注意が必要になるのです。


例えば画面の明るさを調節すること、そして起動アプリの整理を常に心がけること、これだけでも電池の持ちはかなり良くなるはずです。


これは決してiPhoneXに限ったことではないので、すでに知っているという人も多いでしょう。さらに、iPhoneXの場合、プッシュ通知やGPS機能をオフにしておくことでさらに電池を節約していくことができます。これらの方法は設定アプリから簡単に行うことができるので、電池の減りに関して気になる点がある場合にはチェックしてみるといいでしょう。
もしも、これらの方法を試してみても改善がみられない場合、さらには極端にその電池の減りが早いという場合、もしかすると自分ではどうしようもできない端末自体のトラブルが原因かもしれません。

もちろん、そうでない場合も含まれているのですが、少しでも気になる点がある人は一度サポートセンター、もしくはappleストアに問い合わせてみてもいいかもしれません。外出先でいきなり電池が切れてしまう、もしくは充電しても電源が入らなくなってしまった、そんなことになる前に、未然に何かしらの予防策を打っておきましょう。