Wifi料金を解説
2019年9月21日 Wifi 接続をスマートにする中継器の役割

Wifi 接続をスマートにする中継器の役割

Wifiの普及に伴って、電波が混雑することが多くなりました。

混雑がひどくなるとWifi接続しにくくなったり、頻繁に切れてしまいます。特に2・4GHz帯は利用機器が多いため、電波の混雑が常態化しているのが現状です。混雑状況を把握してチャンネルや周波数帯を変更して、混雑を回避しましょう。一般的なWifiルーターの場合、初期状態では自動的にチャンネルが選択されますがこれを手動で変更することで、好きなチャンネルを指定することが可能になります。Wifiルーターから離れた場所で子機を利用する場合、電波が届きにくくなります。

最新の高性能ルーターでは3階建て、4LDKなど広い範囲までカバーすることができる製品がありますが、壁や遮蔽物の影響がある場合は電波が弱くなるのです。そんな時におすすめなのが、中継器になります。その名の通りWifi電波を中継し、より遠くまで送信することができる機器です。Wifi電波をキャッチして増幅・再送信してくれるので今までつながりにくかった場所でも快適にWifi接続することができ、インターネットを楽しむことが可能です。

Wifiルーターの中には中継機能を搭載しているものもあり、スイッチ一つで簡単に中継器として利用することが可能なので、ルーターとしても使う予定があるのなら中継器単体の製品よりも便利でしょう。中継器はコンセント直挿しで利用するタイプが多いのが、特徴になっています。配線が不要ですっきりと設置することができスマートにWifi接続することが可能です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *