バナー

iPhoneXの電池を長持ちする方法

iPhoneXは、とても便利ですが、使っていて気になるのは電池の減り具合です。

たくさん使いながら電池が減らない方法があれば、知りたいのですが、基本的には使うと電池はなくなります。

減り方を少なくする方法と、万が一電池切れした時の対応方法、ふたつをちゃんと準備しておけば、気は楽です。まず、充電コード、充電器、外出時に必ずふたつを持参します。大抵の場合は、これだけで、一日なら安心です。クルマに乗る人なら、シガレットのところから電気を取りiPhoneXを充電させる機器がありますので、このような機器を車に常備することをおすすめします。

ガソリンが無くなるまでエンジンをかけていればiPhoneXは利用できます。
大地震、停電など災害にあっても安心です。

コンセントのように他の電気機器も接続できますので、車が家のようになります。


お金をかけず電池を長持ちさせる方法は、電話に出られない時、iPhoneXの電源を切ることです。

日中電話に出られないので、切っておきますが、夕方に電源をつけたとき、90%くらい残っています。


これなら夕方から夜中まで安心して目一杯iPhoneXを使えます。

電車の車中だけでも効果的です。



あとは、たくさんの人が行っている方法で、照明を切る時間の設定を1分にする、不要なアプリを捨てる、不要な写真や動画や音楽を消しメモリーにゆとりを作る。

メールや、SNSや、LINEのようなアプリの着信時のお知らせをしない設定にする。

アプリの着信マークだけなら電力消費はわずかです。



ほかにアプリが専有するメモリーを減らす方法があります。
Yahoo!のアプリでは、メモリーの最適化というボタンを押すと自動的にメモリーの空きを増やしてくれるため、電力消費量を減らすことが出来ます。
iPhoneXを動作させる為には電力が必要であり、自由に外に持ち出して使用する為にはバッテリーは無くてはならないものです。


しかし、多くの機能を持つiPhoneXはデフォルトの状態では、バッテリーの消耗が早くなると考えても良いでしょう。



出掛ける際には予備バッテリーを持って行くという方法も考えられますが、不要な機能を無効にする等の工夫を重ねる事で、バッテリーの消耗を抑える事は可能です。それでは、具体的なテクニックを述べて行きます。

その一として挙げられるのは、液晶画面の明るさの設定を暗めにする事です。

勿論、利便性を損なわない範囲で行うのであれば、有効な方法の一つと言えるでしょう。

また、iPhoneXには明るさの自動調節をしてくれる機能が搭載されていますが、無効に設定しておくと更にバッテリーの持ちが長くなるでしょう。

その二としては、GPS機能の無効化です。
GPSは当該のiPhoneXがある場所を知るのには便利ですが、常に位置情報を発信している為に、バッテリーの消耗は激しくなります。また、位置情報はプライバシーの問題にも繋がり兼ねないので、不要なら無効にする方が安全です。
その三は、データのアップデートのタイミングを、抑えめにする事です。

メール等のアプリの自動取得機能をOFFにしたりすると、バッテリーの持ちが良くなるでしょう。その四としてはWi-FiやBluetoothを利用しないなら、デフォルトでは有効になっているので無駄な通信であると言えます。以上、幾つかのバッテリーの不要な消耗を避けるテクニックについて、簡単に出来る事ばかりですから、すぐ様利用してみる価値はあるでしょう。