バナー

iPhoneXのバッテリーを長持ちさせる小ワザ集

iPhoneXの電池持ちを長くするためのテクニックを5つ紹介します。
1、iPhoneXを使っていないときは「機内モード」をONにする「設定」→「機内モード」の項目から行えます。



この機能をONにすることによって、自動的にiPhoneXのほぼ全ての通信機能をOFFにしてくれます。

それによって無駄な通信が行われなくなり、バッテリー消費が抑えられます。

※機内モードがONの時はLINEなどオンラインのアプリは使えなくなります。

使いたい場合はOFFにしましょう。


2、画面の明るさを暗くする「コントロールセンター」から調節できます。

これは画面が少し見づらくなる代わりに、かなり効果があります。



3、「位置情報サービス」をOFFにする「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」の項目から行えます。「マップ」など、現在地の情報が必要なアプリを使わないときは、常にOFFにしておくのがオススメです。

4、視覚効果を減らす「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「視覚効果を減らす」項目をONにします。アイコンや通知などのアニメーションの動きを減らすことで、電池持ちを良くさせることができます。
5、AppStoreやiTunesのミュージックの自動ダウンロード、アップデートをOFFにする「設定」→「iTunes&AppStore」の「自動ダウンロード」の項目から行えます。
アプリの自動アップデートをOFFにすると、AppStoreから手動でアプリのアップデートを行うことになりますが、個人的にはそれよりもバッテリーへの恩恵の方が大きいかと思います。


この5つのテクニックを覚えておけば、iPhoneXの電池持ちは以前よりもはるかに良くなっているはずです。



iPhoneXは最新のスマートフォンと比べるとバッテリーの容量が小さく、日常的な使用ですぐにバッテリーが減ってしまうことが難点です。

しかし、バッテリーに関連するアプリを導入することで、バッテリーの消費を抑えることが出来るのです。


「バッテリーセーバー」は、どのアプリがどれだけバッテリーを使用しているかや、バッテリーの残量を表示したり、残りの使用時間を計算してくれるといった機能を持ち、バッテリーの詳細な情報を表示してくれるアプリなのです。

とくにどのアプリがバッテリーの使用量が多いのかを知ることが出来るのは大きなメリットで、意識して使用していなくともバックグラウンドで動作しているアプリがバッテリーを大きく消費していた場合、そのアプリを終了させればバッテリーの持ちが良くなることが期待できるのです。

「バッテリー先生」も同じような機能を持っていますが、どの機能をオフにするとどれだけ使用時間が伸びるかを教えてくれる機能があります。

この二つのアプリを組み合わせれば、iPhoneXのバッテリーを長持ちさせることが出来ます。
また、iPhoneXのバッテリーを大きく消費するのが画面の明るさです。


画面の明るさは画面設定で変更できますが、メールをするときやゲームをするときなど、望ましい明るさに変更するのは手間が掛かります。

「Tilt de Brightness」は、iPhoneXそのものを傾けることによって明るさを変更できるため、用途に合った明るさにすることでバッテリーの消費を抑えることが出来るのです。