バナー

iPhoneXでバッテリー消費を抑えるための方法

iPhoneXのバッテリーを長持ちさせるためには、まず、バッテリー残量を把握することからはじめる必要があります。通常、バッテリー残量が20%を切ると赤色で表示されますが、もっと詳細に見るために、設定のアプリから一般を開き、使用状況を開くとバッテリー残量を有効にすると、バッテリー残量を示すアイコンの左に残量がパーテンテージで表示されることで、正確にバッテリー残量を把握することができます。次に、アプリ別にバッテリーの使用状況を表示することで、バッテリーを消耗しているアプリがどれかと分析をすることができます。

やり方は、設定アプリから一般を開いて、使用状況に進んで、バッテリーの使用状況をタップすることで表示することができます。

また、iPhoneXのアプリで、バッテリー使用状況に表示されているアプリの中には、バックグラウンド処理と表示されているものがあり、通常あまり起動していないのにバッテリー使用率が高いアプリはほとんどがバックグラウンド処理が原因です。バックグラウンド処理は、データ通信が利用可能なときに自動でコンテンツを更新するための昨日ですが、使用頻度が低いアプリについては自動更新をオフにしても大丈夫です。



バックグラウンド更新のオン、オフは、一般からAppのバックグラウンド更新からアプリごとに行うことが可能です。



また、iPhoneXアプリで位置情報サービスを利用するアプリもバッテリーを消費するため、位置情報は設定アプリからプライバシーを選択し、位置情報サービスをタップすることで、位置情報サービスを利用しているアプリのリストで表示されるので、アプリには使用中のみか常に許可のいずれかが表示されているので、常に許可となっている場合は、バッテリーを多く消費されてしまうため、このAppの使用中のみ許可に切り替えておくとバッテリーの消費を減らすことができます。iPhoneXを持っているとついついインターネット上の動画やソーシャルネットワーキングサービスを見たりゲームをプレイしてしまい、バッテリーを消費してしまいます。

特にゲームはバッテリーの消耗が激しく、短時間でも驚くほどバッテリーが減ってしまうことも珍しくありません。

自宅であればすぐに充電できますが、外出先でコンセントが無く、充電できずにいざというときに使用できなくなってしまう可能性があります。
そんなときに役立つのがモバイルバッテリーです。
小型サイズの充電器で、iPhoneXに接続することでいつでも充電することが出来る機器です。


モバイルバッテリーは2000mAh程度の小容量のものから、10000mAhを越える容量を持つものまで様々です。
25600mAhという超大容量のものも登場しています。



多くの種類があるモバイルバッテリーを選ぶコツは、容量とサイズです。


iPhoneXのバッテリー容量はバージョンによって異なりますが、大画面の6Plusは3000mAhで、他のバージョンはおおむね1500mAh前後です。つまり、「モバイルバッテリーで何回充電したいか」を基準に選べば良いのです。

6Plusを2回充電したいのであれば6000mAh以上のもの、3回充電したいのであれば9000mAh以上のものを選ぶのです。

しかし、大容量になればなるほどサイズも大きくなるので、容量とサイズのバランスを考えて選ぶようにしましょう。